国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所
戻る
ページナビゲーションここから
>>トップページ >>事業紹介 >国道20号

国道20号

首都圏と中部内陸地域を結ぶ大動脈

 国道20号は、「甲州街道」とも呼ばれ東京都中央区を起点とし、八王子市、相模原市、甲府市などを経て長野県塩尻市に至る延長約220kmの主要幹線道路です。当事務所は、そのうち東京都世田谷区給田(世田谷区境)から神奈川県相模原市緑区(山梨県境)までの53.8kmを管理しています。
 また、八王子南バイパス・日野バイパス(延伸)は、日野市及び八王子市域を東西につなぐ幹線道路となっており、東西交通の強化および周辺の混雑緩和並びに交通事故の減少に伴う安全性の向上を目的に事業が進められています。


交通量

 

国道20号の交通量


道路管理

 

国道20号の道路管理


主要事業

 

日野バイパス(延伸)

八王子南バイパス


 

路線図

 

※クリックすると拡大します。
国道20号管内図(クリックで拡大)

指定区間(平成25年4月現在)

 
路線
国道20号
起点 東京都世田谷区給田(世田谷区境)
終点 神奈川県相模原市緑区小渕(山梨県境)
都県名 市町名 延長
(km)
東京 調布市 6.7
府中市 6.7
国立市 2.4
日野市 5.1
八王子市 16.3(2.6)
小計 37.2(2.6)
神奈川 相模原市 14.0
小計 14.0
 
合計 51.2(2.6)
( )=八王子南バイパス
▲このページの先頭に戻る

Copyright c 2008, 国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所, All Rights Reserved.