東京臨海広域防災公園

基幹的広域防災拠点とは

都道府県単独では対応不可能な、広域あるいは甚大な被害に対し、国及び地方公共団体が協力して応急復旧活動を行うとともに、平常時には人々が憩う魅力的な都市空間として有効に利活用される防災活動の拠点です。

機能分担

有明の丘地区

臨海副都心の立地を生かした
首都圏広域防災のヘッドクォーター

  • 国・地方公共団体等の災害現地対策本部を設置
  • 自衛隊、消防、警察などの広域支援部隊等の部隊のベースキャンプ
  • 災害時医療の支援
 

東扇島地区

川崎臨海部の港湾機能を生かした
緊急物資輸送拠点

  • 海外からの物資を始めとした物流に関するコントロール
  • 海上輸送、河川輸送、陸上輸送等への中継基地
  • 広域支援部隊等の一時集結地・ベースキャンプ
 
機能分担