下館河川事務所ホーム > 河川の維持管理 > 河川管理方針

河川の維持管理

  • 河川管理方針

    鬼怒川・小貝川の維持管理に関する方針です。

    住民やNPO、地方自治体、河川管理者がそれぞれの役割分担に基づき、連携した協働による鬼怒川、小貝川の維持管理を目指しています

    連携した協働による鬼怒川・小貝川の維持管理 河川アドプト : 住民、NPO等に河川ボランティアを募集し、行政と住民が連携することにより、美しい河川環境を創り出していこうとする取り組み

    河川を適切に管理するため、効率的・効果的な河川管理を目指し、「サイクル型の河川の維持管理」を実践します

    サイクル型の河川の維持管理

    河川管理の高度化(IT技術など先端技術の活用)を目指します

    河川巡視支援システムの構築

    効果的・効率的な維持管理を目的に、誰でも同一レベルの河川巡視が可能となるよう、河川巡視支援システムを運用中です。

    • 巡視時には携帯端末を利用し、電子データで巡視記録を作成。
    • 携帯端末は事務所のネットワークに接続されているため、現場において事務所・出張所等とのデータのやりとりが可能
    • 携帯端末で事務所のデータベースにアクセスし、現場において過去の巡視状況の確認および比較が可能
    携帯端末を利用した巡視の様子
    CCTVシステムの活用

    CCTVシステムを使用し、事務所・出張所において河川の状況確認が可能になります。

    CCTVシステムの活用
国土交通省 関東地方整備局 下館河川事務所
〒308-0841 茨城県筑西市二木成1753 電話:0296(25)2161