下館河川事務所ホーム > 地域との連携 > 鬼怒川・小貝川流域ネットワーク会議

地域との連携

  • 鬼怒川・小貝川流域ネットワーク会議

    鬼怒川・小貝川地域の交流を促進することにより、流域の好ましい地域づくりを進めています。

    流域ネットワーク会議とは・・・?

     昭和61年(1986)8月洪水を機に、鬼怒川・小貝川流域の38市町村(現・24市町村)及び、 茨城県・栃木県・国土交通省(当時・建設省)において、両川の河川空間と水環境について意見を交換し、その適正な保全と利用を図るとともに、両川を介した地域の交流を促進することによって、 流域の好ましい地域づくりを進めています。平成21年5月名称をサミット会議から流域ネットワーク会議と変更しました。

    河川コーディネーターとは・・・?

     地域住民が、河川に対する認識を深め、親しみ、河川の自然・歴史・文化を伝え保全し、 河川愛護思想の普及、啓発を行い、さらに推進するために、河川に関して深い理解を持っている方や、 さまざまな活動を行っている方を、「河川コーディネーター」に認定し、地域住民参加による川及び地域の魅力をおこし、 河川愛護思想の普及啓発などに活躍していただいています。 河川コーディネーターは、市町村が推薦し、流域ネットワーク会議座長が認定しています。

     河川コーディネーターの役割

    1. 地域や川の情報(自然・歴史・文化)の発掘、収集
    2. 川のファン、理解者、専門家の育成、発掘
    3. 「川」という場の使い方の開発
    4. 流域住民と行政の意見交換、交流の橋渡し

    鬼怒川・小貝川博覧会とは・・・?

     「鬼怒川・小貝川博覧会」は、従来の“展示見物型”の博覧会とは異なり、住民・企業・行政などが流域全体を会場として、 フラワーフェスティバル、スポーツ大会や研究交流など、さまざまなイベントや活動を展開し、多くの人がこれらの活動に楽しく参加することを通して、 共に地域づくりを進めるといった“体験創造型”のものです。
     この博覧会の意図は、流域が一体となったイベントや活動を通して、

    1. .川の利用の仕方
    2. 川の整備のあり方
    3. 快適で活気のある地域づくり
    4. 流域のネットワーク
    5. 流域のイメージアップ

    などを一緒に考えていこうというところにあります。

    鬼怒川・小貝川流域市町村(流域ネットワーク)

    筑西広域市町村圏事務組合

    茨城県

    茨城県土木部 筑西市役所 結城市役所
    龍ケ崎市役所 下妻市役所 常総市役所
    取手市役所 牛久市役所 つくば市役所
    つくばみらい市役所 八千代町役場 守谷市役所
    利根町役場    

    栃木県

    栃木県 河川課 宇都宮市役所 日光市役所
    小山市役所 真岡市役所 さくら市役所
    上三川町役場 下野市役所 高根沢町役場
    益子町役場 市貝町役場 芳賀町役場
    塩谷町役場    

国土交通省 関東地方整備局 下館河川事務所
〒308-0841 茨城県筑西市二木成1753 電話:0296(25)2161