ホーム > 災害情報 > 現在発信中の情報 > 令和元年9月8日 台風15号に伴う体制
災害情報

【風水害】令和元年9月8日 台風15号に伴う体制 関東地方整備局

風水害対策本部

  • 令和元年9月19日 16時10分

    関東地方整備局 災害対策本部は、管内の全支部が注意体制に移行したため、令和元年9月19日16時10分に風水害対策本部を警戒体制から注意体制に移行しました。

  • 令和元年9月13日 22時00分

    関東地方整備局 災害対策本部は、以下の通りTEC-FORCEを派遣します。

    1. TEC-FORCE派遣職員
     (1)派遣要員【以下の3名を派遣する】
        1. 関東地方整備局職員1名
        2. 横浜港湾空港技術調査事務所職員1名
        3. 東京空港整備事務所職員1名
    2. 派遣場所
        横浜市金沢区福浦護岸、横浜湊本牧ふ頭D突堤

  • 令和元年9月13日 21時00分

    関東地方整備局 災害対策本部は、本部長指令第6号で派遣したTEC-FORCEを以下の通り帰還させます。

    (1)帰還日   令和元年9月13日(金)
    (2)帰還職員 関東地方整備局職員2名

  • 令和元年9月12日 14時05分

    関東地方整備局 災害対策本部は、以下の通りTEC-FORCEを派遣します。

    1. TEC-FORCE派遣職員
      (1)派遣要員
        関東地方整備局職員2名

    2. 派遣場所
      南本牧ふ頭 2ブロック

  • 令和元年9月11日 16時50分

    災害協定に基づく要請について

    「災害時の応急対策業務等に関する協定書」(平成28年3月23日締結)に基づき、下記の事項について、(一社)日本埋立浚渫協会関東支部長に要請します。

    1.業務内容
     台風15号で被災した横浜港本牧BC1の港湾施設の被災復旧を行います。

  • 令和元年9月9日 17時45分

    災害協定に基づく要請について

    「災害時の応急対策に係る調査・測量・設計業務に関する協定書」(平成24年3月30日締結)に基づき、下記の事項について、海洋調査協会会長に要請します。

    1.業務内容
     台風第15号で被災した横浜港の港湾施設(本牧BC1、南本牧はま道路、大黒C4)についての被災状況の調査を行います。

  • 令和元年9月9日 17時45分

    災害協定に基づく要請について

    「災害時の応急対策業務等に関する協定書」(平成28年3月23日締結)に基づき、下記の事項について、(一社)日本埋立浚渫協会関東支部長に要請します。

    1.業務内容
    首都圏臨海防災センターにおいて、台風15号により損壊したテントから、同テント内に保管している災害対策用資材を同センター内の別の保管場所へ移動します。

  • 令和元年9月9日 12時38分

    関東地方整備局 災害対策本部は、台風15号被災調査として、以下職員をあおぞら号による飛行調査へ派遣します。

     1. 派遣職員
       関東地方整備局職員3名

     2. 派遣先
       京浜港、川崎港、東京港、千葉港、横須賀港 上空

     3. 派遣日
       令和元年9月9日(月)

  • 令和元年9月9日 00時30分

    関東地方整備局 災害対策本部は、台風15号の接近に伴い、管内の2支部(港湾空港)が警戒体制に入ったため、令和元年9月9日00時30分に風水害対策本部を注意体制から警戒体制に移行しました。

  • 令和元年9月8日 11時15分

    関東地方整備局 災害対策本部は、 台風15号の接近に伴い、管内の1支部(道路)が警戒体制に入ったため、令和元年9月8日11時15分に風水害対策本部を設置し、「注意体制」に入りました。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369