ホーム > 災害情報 > 過去の発信情報 > 常陸河川国道事務所 災害情報一覧 > 平成25年 台風第26号【道路】
災害情報

【台風】平成25年 台風第26号【道路】 常陸河川国道事務所

台風第26号に伴う、平成25年10月31日(木)14時00分現在における茨城県内の国道51号の被災状況・復旧作業等の対応についてお知らせします。

【片側交互通行から全面開放】
・国道51号 潮来市大塚野地先 路肩法面崩壊については応急復旧が完了し、10月31日(木)14時00分に、片側交互通行規制を全面開放し、上下2車線による対面通行へ移行しました。

注意体制【道路】

  • 平成25年10月31日 17時00分

    常陸河川国道支部(道路)は、台風26号による風水害対策支部の体制を、平成25年10月31日17時00分
    に、注意体制に移行しました。

    理由:台風26号により被災した潮来市大塚野において仮復旧工事が完了し、片側交互通行から全面交通解放に移行し、全面交通解放後も法面・路面に変状等が確認されなかったたため。

警戒体制【道路】

  • 平成25年10月17日 23時25分

    常陸河川国道支部(道路)は、平成25年10月17日23時25分に、警戒体制に移行しました。

    理由:台風26号に伴う豪雨等に伴う国道51号潮来市大塚野地先における法面崩壊により、全面通行止めとしていたが、応急復旧が完了し、片側交互通行で通行可能となり、交通の流れも確認できたため。
     

非常体制【道路】

  • 平成25年10月16日 12時30分

    平成25年10月の台風26号により、国道51号潮来市大塚野地先、鹿嶋市荒井地先、国道6号北茨城市磯原地先において被災したため、常陸河川国道風水害対策支部(道路)は、平成25年10月16日午後12時30分に非常体制に入りました。

警戒体制【道路】

  • 平成25年10月16日 8時30分

    平成25年10月16日台風26号により、茨城県潮来市大塚野地先の国道51号線で路肩法面崩落が確認されたため、常陸河川国道風水害対策支部(道路)は、本日8時30分に警戒体制に入りました。

注意体制【道路】

  • 平成25年10月15日 18時00分

    常陸河川国道支部(道路)は、平成25年10月15日18時00分に風水害対策支部を設置し、注意体制に入りました。

    台風第26号に伴う豪雨等の影響により、常陸河川国道管内で道路災害発生の恐れがある為、常陸河川国道支部(道路)は「注意体制」に入りました。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369