相模川水系広域ダム管理事務所ホーム > 宮ヶ瀬ダムのみどころ > 宮ヶ瀬なう !! ♪宮ヶ瀬ダム情報♪ (H25年4月24日〜5月28日)

宮ヶ瀬ダムのみどころ

  • 宮ヶ瀬なう !! ♪宮ヶ瀬ダム情報♪ (H25年4月24日〜5月28日)

    平成25年5月28日(火) 目線を変えると・・・。

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)
    • 写真(4)
    • 写真(5)
    • 写真(6)

     宮ヶ瀬ダムでは夏の雨の多い時期に備え、専門的にいうところの「洪水期制限水位」に向けて徐々に水位を下げています。これに際し、湖面巡視で見かけた、いつもと違う角度からの眺めをご案内します。最初の2枚はダム本体、湖側から見るとコンクリートの色が違っているので、水面が下がっている様子がおわかりいただけるのではないでしょうか。次は「鳥居原」と「水の郷」の園地を湖側から見たところ。斜面が特徴的ですね。最後の2枚は「やまびこ大橋」と「虹の大橋」。普段なにげに通り過ぎている橋も下から見るとけっこうな迫力がありますね。こんな水面からの景色をご覧になりたい方は、遊覧船(有料)が運行していますのでご利用になってはいかがでしょうか。詳しくはこちら↓(宮ヶ瀬ダム周辺振興財団ホームページ)をご参照下さい。

    宮ヶ瀬ダム周辺振興財団[外部サイト]

    平成25年5月24日(金) 川の大食漢、「鵜」

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)

     夏日続きの陽気の中で、川の水も温んできています。宮ヶ瀬ダムから中津川を少し下ると、ところどころに川を跨いで竹竿にテグス(釣り糸)のようなモノが張られているのを見かけます。せっかく放流した鮎を「鵜呑み」にさせない(鵜が水面に降り難くする)ための仕掛けのようです。ちょっと離れると「人の目」には何もないように見えますが、「鵜の目」には認識できるのでしょうか、それなりに効果はあるようです。
     ※ 実際の写真では、釣り糸はほとんど見えないので、白線でなぞってわかりやすくしています。

    平成25年5月23日(木) 高位常用洪水吐施設・・・?

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)
    • 写真(4)
    • 写真(5)
    • 写真(6)

     久々に「重力式コンクリートダムの管理をしています」的なお知らせです。タイトルの施設、「高位常用洪水吐施設」はダム湖に貯まった水を、安全に下流へ流すためにダム本体に設置された放流施設のうちの一つで、ざっくりといえば、巨大ウォーターサーバーと巨大蛇口のようなモノでしょうか。観光放流でおなじみの放流口のすぐ奥にあります。今回は、この施設のメンテナンス点検に便乗し、普段誰も入ることのできない放水管の中を見ることができました。あのど迫力の放水はここを通っているんですね。念のため申し添えますが、この場所は安全管理上、当事務所職員以外立ち入ることはできません。悪しからずご了承下さい。

    平成25年5月22日(水) 「むーとん」がやってきた。

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)

     TVK(テレビ神奈川)の『むーとん』が宮ヶ瀬ダムに来てくれました。ゆるキャラブームの昨今、ついつい愛らしいキャラクターの方に目が行ってしまいますが、もちろんの番組スタッフも一緒です。今回は「キッズ劇場ピース」のコーナー企画「むーとんが行く」の撮影だそうです。宮ヶ瀬ダムの各スポットを撮影する中、着ぐるみキャラの宿命でしょうか(笑い)。案の定、「むーとん」は、観光放流を見学に来ていた小学生達に囲まれて、手厚い(手荒い?)歓迎を受けていました。放送は6月15日(土)8時からの予定です。

    平成25年5月18日(土) メガソーラー完成

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)
    • 写真(5)
    • 写真(6)
    • 写真(8)
    • 写真(7)
    • 写真(4)

     宮ヶ瀬ダムの目と鼻の先にメガソーラー(大規模太陽光発電所)が完成し、開所式が行われました。その名も「愛川ソーラーパーク “サンテラスTOBISHIMA”」苗床?田植えの準備?一面、真っ黒な板が整然と敷き詰められ異様な光景ですが、正体は太陽の光を電気に変える発電所なのでした。なんと年間188万キロワット時の発電能力があるそうです。さらに、取り巻く敷地を公園として、地域の人々に憩いの場を提供しようという一粒で2度美味しい施設だそうです。セレモニーでは地元の三増の獅子舞い、管巻き歌、半原清流太鼓なども披露され、ゆるキャラの「あいちゃん」、「カッピー」、「トラエンヌ」もお祝いに駆けつけました。なお、愛川ソーラーパークとダム下、水とエネルギー館も散策できますのでご利用下さい。

    「案内図」拡大版はこちら!![PDF:344KB]

    平成25年5月14日(火) モリアオガエルの歌声??

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)

     いつもは静かな宮ヶ瀬ダムのどこからか、コンクリートを堅いもので叩いたような聞き慣れない音が響き渡りました。
     音のする方に近づくと、片隅の配水管の中から聞こえてきます。どうやら、モリアオガエルの鳴き声が配水管の中で共鳴してそのように聞こえたようです。
     山の春は「自然のイベント」が盛りだくさんで飽きることがありません。

    平成25年5月3、4日(金、土) 内水面まつりが開催されました。

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)
    • 写真(4)
    • 写真(5)

     こどもの日に先立ち、相模川本川の高田橋付近で「内水面」まつりが開催されました。川幅いっぱいに群れをなす千数百匹の鯉のぼり、今年も圧巻でした。そのほか催し物も多数あり、3日には宮ヶ瀬ダムの紹介ブースも(こじんまりと)出展しました。

    平成25年4月29日(月) あいかわ公園「つつじまつり」が開催されました。

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)
    • 写真(4)
    • 写真(5)
    • 写真(6)

     4月29日(昭和の日)、宮ヶ瀬ダムに隣接するあいかわ公園で『つつじまつり』が開催されました。寒すぎず、暑すぎず、丁度いい行楽日和で、あま〜い香りの色鮮やかな『つつじ』に囲まれ、皆さん春を楽しまれていました。お子様達もたくさん来場されていて、『少子化なんてどこの国の話?』的な光景に思わず笑みがこぼれます。

    平成25年4月26日(金) 昭和っていい時代でしたねぇ

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)

     なぁつかし〜い。
     宮ヶ瀬水の郷の一角にちょっぴり胸キュンな催し物を見つけました。
     その名も『懐かしの昭和映画ポスター展』・・・昭和ってホントにイイ時代でしたねぇ。
      開催期間:平成25年4月7日〜5月31日
      開催場所:宮ヶ瀬水の郷観光協同組合(案内所)2階 
      開催時間:11:00〜16:00(月曜定休日)
      入場料:大人300円(中学生以下は無料)  
      お問い合わせ:046-288-1340

    平成25年4月25日(木) 水の郷も 春、真っ盛りっです!!

    • 写真(1)
    • 写真(2)
    • 写真(3)

     やはり、宮ヶ瀬、水の郷。四季おりおりの花々が綺麗です。そして、春の花も真っ盛り。いつ見るか・・・今でしょう。

    こちらも参照下さい ↓

    宮ヶ瀬ダム周辺振興財団(http://miyagase.or.jp/)[外部サイト]

    平成25年4月24日(水) 遠足シーズン到来!

    • 写真(1)
    • 写真(2) エレベーター待ちの列
    • 写真(3)
    • 写真(4)

     宮ヶ瀬ダムは遠足スポットとして、特に県内の小学校の来訪が多いところです。
     今日はあいにくのお天気でしたが、たくさんの小学校や中学校が遠足に来ていました。エレベータを待つ行列が長く、なんと水とエネルギー館まで!観光放流に間に合うかドキドキしながら事務所からその行列を眺めていました。
     新年度も始まり、これから本格的な遠足シーズンとなります。観光放流をご覧になる場合は、お早めの移動を!(放流はダムの上からではほとんど見られません)
     ※4/24(水)来訪者数約1,300名(午前午後合計、団体のみ)
     お問い合わせ先: 
        国土交通省 関東地方整備局 相模川水系広域ダム管理事務所 電話:046(281)6911

    過去ページはこちらです!

国土交通省 関東地方整備局 相模川水系広域ダム管理事務所
〒252-0156 神奈川県相模原市緑区青山字南山2145-50 電話:046(281)6911