ホーム > 道路 > 申請・届出 > 道路占用許可制度 > 共同溝 > 情報BOX

申請・届出

  • 道路占用許可制度

    共同溝

    情報BOX

    情報BOXとは

    現代社会は、高度情報化通信社会といわれています。私たちの生活の便利さの多くは情報ネットワークによって支えられています。21世紀には、電気や水と同じように各家庭まで光ファイバーが張り巡らされることが予想されており、たくさんの情報が送れる光ファイバー網の整備は必要不可欠となっています。このため、国土交通省では道路を人やものの移動のためだけでなく、情報も移動する空間と考えました。
    都市部において電線類を地中化する電線共同溝(C・C・BOX)と接続し、光ファイバーケーブルを収納するコンパクトで低コストな情報BOX】を新たに導入し、マルチメディア社会の推進を支援します。

    情報BOXの効果

    情報BOXが整備されることにより1. 防災体制の強化 2. 道路情報の提供 3. マルチメディア社会の推進 の3つの効果があります。 防災体制の強化

    四国は台風常襲地帯であり、もろくて弱い地質であるため、雨が降ると通行止めになる区間がたくさんあります。また、山間部では冬期の雪や路面凍結もたびたびあります。これらのハンディキャップを克服するためにも情報BOXの整備は欠かせません。
    災害を未然に防ぐためのITV(監視カメラ)や、気象情報提供装置を光ファイバーで接続することにより、現場情報をすばやく正確に収集し、情報提供するためにも情報BOXは役立ちます。

    • ITV画像イメージ
    • 被災状況
    道路情報の提供

    リアルタイムな交通情報の提供、車や歩行者の安全性・利便性の向上、渋滞の解消など、新しい車社会に対応した情報化を実現するためにも、情報BOXの整備が必要とされています。

    図

    家にいながら医者による診断が可能な在宅医療、銀行に行かずに自宅で利用可能なホームバンキング、行政サービスや交通機関の予約が24時間可能となり、在宅勤務も行うことができます。

    • 画像1
    • 画像2

    マルチメディア社会の推進により、山間部に住む人々が都会に住む人と同様のサービスをうけることができたり、身障者の社会活動への参加など、誰もが平等に生活が行える社会が可能となるといえるでしょう。

    ※ マルチメディア:光ファイバーを通して情報を送り、映像を伴った様々な情報が双方向で利用できる。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369