ホーム > 道路 > 申請・届出 > 特殊車両通行許可制度 > 通行制限等 > その他の通行制限
道路

申請・届出

  • 特殊車両通行許可制度

    通行制限等

    その他の通行制限

    道路が水をかぶったような場合

    道路が水をかぶったような場合

    道路が危険な状態になっているときには、道路の損傷を防ぐため、車両の総重量、軸重、輪荷重の制限値が定められます。これを超える車両は通行できません。(車両制限令第7条、第12条)

    カタピラを有する車両の通行制限

    カタピラを有する車両の通行制限
    ブルドーザーや除雪車のようにカタピラを有する車両は、次の場合を除いて舗装道路を通行することは認められていません。
    • カタピラの構造が路面を損傷する恐れがない場合。
    • 道路の除雪に使用される場合。
    • 路面に鉄板や板を敷いて損傷しないようにした場合。
    (車両制限令第8条)

    路肩(ろかた)の通行の制限

    路肩(ろかた)の通行の制限

    道路の両側に路肩と呼ばれる帯状の部分があります。道路の主要な部分を守るために、または故障車が退避するところ、あるいは余裕幅として設けられています。そのため、この部分は車道より弱い構造になっていますから、通行することはできません。(車両制限令第9条)

    (イラスト出典:(財)日本道路交通情報センター 資料)

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369