ホーム > 道路 > 申請・届出 > 特殊車両通行許可制度 > 通行許可申請 > 手数料
道路

申請・届出

  • 特殊車両通行許可制度

    通行許可申請

    手数料

    手数料とは

    通行経路が2以上の道路管理者にまたがるときは、原則として申請書が受け付けられた時点で手数料が必要になります。この手数料は、関係する道路管理者への協議等の経費で、実費を勘案して決められています。その額は、国の機関の窓口では200円(1経路)、県の窓口では、条令によって多少異なる場合があります。(道路法第47条の2第3項、第4項)

    手数料の計算方法は

    申請車両台数×(申請経路数)×200円と求めます。

    申請車両台数は、トラックまたはトラクタの申請台数とします。

    《6ルートを申請する場合》
    6ルートを往復申請すると、申請経路数は12経路として扱われます。手数料は次のように計算します。

    ・ 申請車両台数が4台のとき 
    4台×(12経路)×200円=9,600円

    なお、片道申請の場合は、申請経路は6経路として扱われます。

    新規格車の通行許可申請の場合

    新規格車の通行許可申請の場合は、高速自動車国道及び重さ指定道路を除いた区間の道路管理者が2つ以上にまたがる時、手数料が必要となります。

    指定道路

    新規格車の通行許可姿勢の場合
    • 国が管理する国道 国が管理する国道
    • B県が管理する県道 B県が管理する県道
    • A県が管理する県道 A県が管理する県道

    ●上記の道路の色はそれぞれの管理者を示す

    ●手数料
    〔ナシ〕 一つの道路管理者(一色のみ)が管理する道路を通行する場合。
    〔アリ〕 二以上の道路管理者(二色以上)が管理する道路を通行する場合。

    (出典:(財)日本道路交通情報センター 資料)

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369