ホーム > 道路 > 防災 > 直轄国道で節電対策実施中
道路

防災

  • 直轄国道で節電対策実施中

    特に夜間の通行にご注意ください

    関東地方整備局では電力不足に対する政府方針を受け、管内の直轄国道の道路施設での節電を実施中です。
    ご理解、ご協力をお願いします。

    「直轄国道で節電対策実施中」チラシ

    主な節電の取り組み

    ・道路照明は交差点など、交通安全上必要な箇所を除き、約半数を消灯しています。
      ※約8万灯から約4万灯へ
    ・トンネルやアンダーパスも消灯している箇所があります。
    ・そのほか、「道の駅」の駐車場照明の減灯、立体横断施設のエレベータやエスカレータの停止、ライトアップの中止なども実施しています。

    利用者へのお願い

    ・夕方は早めに車のヘッドライトを点灯し、特に自転車や歩行者に注意して走行して下さい。
    ・自転車や歩行者は、反射板の装着、懐中電灯等の携帯にご協力下さい。

    「計画停電」の影響について

    「計画停電」を実施している地区では、停電により交差点部の信号機や照明灯が消灯している場合があります。
    走行にあたっては、横断する他の車両や自転車、歩行者に十分注意し、互いにゆずり合って通行して下さい。

    計画停電の予定は、下記の東京電力ホームページでご確認下さい。

    東京電力ホームページ[外部サイト]

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369