国土交通省 関東地方整備局 採用サイト

パンフレット

採用情報

関東地整 FacebookページへTwitterページへ

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理
一覧へもどる
道路の仕事

道づくりは、まちづくりです。

地域と地域、人と人をつなぐ道路。産業・観光の発展や、快適で安全な生活を送るために、なくてはならないライフラインです。関東地方整備局の道路事業では、首都圏の交通ネットワークを形成し、道路網の整備・維持管理をおこなっています。渋滞の緩和による物流機能の向上。地域経済の活性化や雇用の創出。災害時の迂回路としての機能形成など、地域の発展に大きな役割を果たす道路。現在、首都圏の道路交通を大きく変える「圏央道」「外環道」「中央環状線」の3つの環状道路の開通に向けて着々と工事が進んでいます。そのほか、通学路の交通安全確保や、歩道のバリアフリー化、自転車道整備など、地域の人々が安心して暮らせる道路空間の環境づくりを推進しています。また近年では、高度成長期以降に整備された道路や橋梁などの老朽化対策も大きな課題。定期的な点検・補修などの日常管理や耐震補強工事などにも力を入れています。

この仕事に関わるひと

スタートからファイナルまで見られるのが関東地整の魅力

道路の新設あるいは改良工事を行う前の、設計や積算の審査を担当しています。事務所が工事を発注するにあたり、どのように積算しているのか、どんな設計を盛り込んでいるのかをチェックし、間違いがあれば指導します。事務所にいた頃は審査を受ける側でしたので、そのときに指導いただいたり教わったりしたことが今の仕事に活きていますね。
事務所で現場を経験して今の仕事に就いて思うのは、関東地整は発注から完成までの過程を見ることができ、しかもこれだけ規模の大きい事業は、他ではなかなか味わえないということ。自分が携わった仕事が進捗しているのを見て、やりがいを実感できるのが魅力だと思います。

職場の雰囲気、いい仲間に恵まれて

事務所にいたときの同僚とは今でも仲良くしていて、仕事上、事務所の人に問い合わせたいときもざっくばらんに聞けるのが有難いですね。事務所とのやりとりは仕事の基本ですし、経験を積んで、将来たとえば係長になったときにも、そうした人脈が自分を支えてくれると思います。これからも大切にしたいと思っています。
関東地方整備局は「堅い」というイメージがあるかもしれませんが、入ってみると意外と和気藹々としていて、フランクな雰囲気です。現在所属している関東地方整備局道路部道路工事課でも上司はもちろん、別の課の課長にもわからないことがあれば聞きやすい雰囲気があります。だから臆することなく、関東地方整備局に入省してください。私も含めてみんな待っていると思うので、一緒に働けたらと思っています。

地域との信頼関係構築がベース

東京外かく環状道路と中央自動車道とをつなぐ中央ジャンクション工事を監督する立場に就いています。大きな現場であるだけに、まず大切なことは事業に対する地元の心配を和らげることですね。この道路はかつて住民の反対にあい、計画が凍結されていた時代が長くありました。時が経ち、反対していた人たちがだんだんと協力してくれるようになり、今では工事を進めることができています。こうした背景もあり、私は少しでも不安や懸念をお持ちの方には面会もして、丁寧に事業についてご説明することを心がけています。大変だと思われるかもしれませんが、地域の人たちの理解を得たり、信頼関係を結んでいくことにはやりがいと面白さもあります。

道づくりはまちづくり、だから夢がある

東京外かく環状道路は首都圏の渋滞緩和や環境改善、そして交通ネットワークを進化させる重要道路です。現在事業中なのは、関越道と中央道、そして東名道とをつなぐ区間ですが、この全16kmが開通することで、地域へのさまざまな波及効果が期待されています。単にクルマの流れを良くするというだけでなく、インターチェンジ周辺への企業立地の促進など、産業振興や地方公共団体の税収にもつながっていきます。道をつくる仕事には夢があります。それは、まちづくりそのものだからだと私は思います。

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理