国土交通省 関東地方整備局 採用サイト

パンフレット

採用情報

関東地整 FacebookページへTwitterページへ

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理
一覧へもどる
河川の仕事

災害から人命と財産を守る。

国土の約75%が山地で占められている日本。雄大な山々から湧き出た水は川となり、豊かな水源として人々の暮らしを支えます。しかし、ひとたび氾濫が起これば、流域に甚大な被害をもたらす一面を持ち合わせていることも事実です。近年度々報告される異常気象によって引き起こされる自然災害。地域の方々の安全意識は日増しに高まっています。関東に流れる1級河川8水系において、被害から街を守り、人々の安心や安全を支えるための整備・維持管理をおこなうのが、関東地方整備局の河川事業です。大雨による洪水や地震・津波の被害から守るための、堤防や護岸の整備。ダムや遊水地、水門など河川管理施設の維持管理。土砂崩れや噴火による被害を最低限に食い止める、砂防対策など。整備を進めるだけでなく、自然を守り、そこに住む動植物の環境を守ることも大切な役割です。また、日本の国土として経済水域を守るため、日本最南端に位置する沖ノ鳥島の保全管理もおこなっています。

この仕事に関わるひと

自然が相手、どう出てくるかわからないところが面白い

総合治水対策と河川整備計画を担当しています。総合治水対策では計画を作成し、目標に対する進捗を管理。河川整備計画では、計画をつくるにあたり川の現状や課題を整理し、目標を定め、その達成のためにどんなメニューが必要かを考えます。自治体とも調整しますし、原案ができればパブリックコメントとして有識者や地域からご意見を募り、計画に反映します。今後20-30年を見据えた計画になりますので、川をよく知る必要がありますし、根拠や数字に間違いは許されません。でも、子どもの頃から好きだった川を仕事にできているので苦にはなりません。自然を相手にしているため「こう整備すればこうなる」とは限らないところも川の面白さ、魅力ですね。

関東地方整備局は「関東地方を守るレンジャー」

河川整備計画は自治体との調整や流域在住の方たちとの話し合いも行いますので、コミュニケーションも非常に大事です。何を聞かれても組織として統一された回答をしなければ、信頼関係にも響きますので、常に根拠を整理してぶれない回答ができるよう気をつけています。
事務所や研究所でも業務を行ってきましたが、関東地方整備局ならではの魅力とは、やはり流域全体の視点で川を見られることだと思います。河川整備計画などの計画作りも、関東地方整備局でなければ体験できないことです。私たちの仕事は、関東地方に住む人に安全・安心を提供すること。いわば、「関東地方を守るレンジャー」と言えると思います。持続的に住みやすい環境をつくり、老朽化していれば点検して修繕し、自治体をサポートする。調査・計画から管理まで一貫して見られるところが仕事の面白さ、やりがいにもなっています。

管理のポイントは「安全にケガなく」

荒川下流河川事務所の管轄のうち、最も河口部に近い区間の工事全般の監督、維持管理を行っています。出張所は現場や利用者に一番近い存在で、現場の最前線。安全に利用できることが最大のポイントです。苦情を言われることもあり都市河川ならではのホームレスの問題もありますが、不法工作物を撤去したり、工事が無事に完了したりすると「よくやった」と誉めていただけるのが、うれしいですね。
やりがいを持って仕事をしていますが、辞めたいと思ったこともありました。でも様々な部署を経験する中でいろいろな方と出会い、この人とまた仕事がしたいという思いが支えになりました。この仕事で糧となったのは人との出会い。そのつながりは今でも私の財産です。

現場の最前線・出張所ならではのやりがい

出張所は、地域の方に最も近い存在ですので、良好な関係づくりは重要です。人気が高く、訪れる人も多い荒川だけに苦情も多く寄せられますが、まずはお話をじっくり聞くことを心がけています。
地元の方と接することの多い施工業者さんにも普段からよく話しかけるようにしていますね。地域の要望を知ることができますし、現場で事故などが起こったときに報告しやすい雰囲気をつくっておけば、正確な状況把握、的確な判断につながり、地域の皆さんへの迷惑やリスクを最小限に抑えることができます。

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理