国土交通省 関東地方整備局 採用サイト

パンフレット

採用情報

関東地整 FacebookページへTwitterページへ

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理
一覧へもどる
港湾空港の仕事

世界とつながる空と海を、もっと多く、もっと強く。

島国である日本にとって、海と空は世界とつながる玄関口。関東地方の港湾・空港は、日本の貿易総額及び、外国との貿易コンテナ取扱個数の約4割を占めており、首都圏の経済活動を支えています。日本の国際競争力を高めるためには港湾と空港の機能を強化することが、とても重要な施策。港湾は経済のグローバル化が進展し、世界的な海上輸送量がアジア~欧米間を中心に急拡大。コンテナ輸送船の大型化や、経済成長著しい東アジアにおけるコンテナ港湾間競争に対応するため、港湾のコンテナターミナル整備が急務となっています。また羽田空港では、国際線ターミナルの拡充、増枠に必要なエプロンの整備、輸送能力増強に必要な滑走路の延伸により、発着枠を増加。拠点空港としての機能向上を目指しています。港湾空港事業では、産業の競争力強化と、快適で便利な豊かな暮らしの実現に向けて整備を進めています。

この仕事に関わるひと

世界を相手に戦うビッグプロジェクトが魅力

新規の港湾計画を実行するにあたり、現場でどう施工していくかなど、整備に向けた計画づくりを担当しています。今、「国際戦略港湾」である横浜港の新本牧ふ頭地区で、新たに埋め立てを行い、大水深・高規格コンテナターミナルと、高度な流通加工機能を有するロジスティクス施設とを一体的に配置する計画が動いています。その狙いは我が国の経済や産業を支える臨海部物流拠点の形成で、ライバルは国内はおろか世界の主要な港湾です。こうしたビッグプロジェクトを自分の仕事にできることが大きな醍醐味ですね。関係者の数は多く、皆の合意を得ながら計画を練り上げていく作業には大変さもありますが、調整が整い、苦労が実を結んだときには、何ものにも代え難い達成感を得られます。

失敗を未然に防ぎ、カバーし合える充実した組織

「土木」の世界には、経験の蓄積や継承が質を高めていく経験工学のような側面があります。でも経験が浅くても心配はありません。必ず上司や先輩が的確な指摘やアドバイスをくれます。私自身、仕事上の失敗談を尋ねられることがありますが、思い返してみても、これまでに忘れられないような大きなミスをしたことはありません。それは私が優秀だからではなく、この組織には仕事をカバーし合う体制が整っているのです。私も後輩たちの迷いや疑問に対して、すぐさま適切な回答ができるよう、さらに経験を積んでいきたいと思います。関東地方整備局には「関東」を飛び超えた、日本を代表するプロジェクトがいくつもあります。ぜひこの職場に飛び込んできてください。

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理