国土交通省 関東地方整備局 採用サイト

パンフレット

採用情報

関東地整 FacebookページへTwitterページへ

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理
一覧へもどる
電気の仕事

暮らしに寄り添い、安全を守るネットワーク。

河川の水位などの河川情報や、交通渋滞・工事・規制を伝える道路情報など、安心で快適な暮らしを実現するために、情報システム・電気通信設備の果たす役割はとても重要です。デジタル多重無線、画像通信、衛星通信、レーダー雨量システムなど、台風や地震といった災害発生時でも確実に情報を伝送できるよう、無線や光ファイバー通信を組み合わせ信頼性の高いネットワーク構築に取り組んでいます。防災意識が高まる今、特に力を入れているのが防災ステーションや緊急用船着場などの防災関連施設の計画や、電気通信設備の整備・維持管理。そのほか、各官公庁施設や地域の文化・教育施設などの電気設備の企画・設計・施工管理・保全指導をおこなっています。

この仕事に関わるひと

イチから学ばせてくれる職場

無線局の検査、情報通信網の管理を担当しています。災害訓練などで衛星通信システムを使う場合に、西日本で衛星通信システムを管理している近畿地方整備局と協議して予約を入れたり運用したりといったことも行っています。大規模訓練のときなど、このシステムが運用できないと大変なことになりますので、優先順位を踏まえ、運用できなくなる要因を想定して、何事もなくシステムが使えるように普段から心がけています。普段はデスクワークが多いのですが、時に現場に行って自分が運用しているシステムが実際に使われているのを見ると、やりがいを感じてモチベーションが上がりますね。
関東地方整備局に入るまでは、電気や情報通信の知識はほとんどなかったのですが、ここはイチから学ばせてくれる職場です。災害時にもどう対応して復旧していくのか仕組みを知ることができ、その中で自分も対応できる、役に立てることがあるのは、大きな発見でした。

日常生活を維持することが、関東地方整備局の仕事

入省するまでは道路や川をカメラで監視していることも、雨量を観測していることも、河川敷や堤防で不法投棄の管理をしていることも知りませんでした。今その仕事の一端にたずさわって、関東地方整備局の仕事はあたりまえの日常生活を持続させるために不可欠なのだなと実感しています。それだけに日々発見が多く、現場に行ってもこの機器がどのように使われているかを学ぶのが楽しいです。時には、情報通信機器が車では入っていけないような、山中に設置されている場合もあるので、「立入禁止」と書かれている、普通では入ることができない場所で仕事ができることも、関東地方整備局の職員ならでは。めったに見られない最先端の機器を見られるのも魅力です。

  • 河川
  • 建政
  • 道路
  • 電気
  • 機械
  • 公園
  • 港湾空港
  • 営繕
  • 用地
  • 河川管理
  • 道路管理