国土交通省 関東地方整備局 大宮国道事務所
大宮国道事務所ホーム > 埼玉の道づくり > 上之地区交差点改良(国道17号熊谷バイパス6車線化)

埼玉の道づくり

  • 上之地区交差点改良(国道17号熊谷バイパス6車線化)

    事業の概要

    航空写真

    国道17号熊谷バイパス上之(南)交差点から上川上交差点間は、交差点が近接しているため、断続的な速度低下により渋滞が発生し追突事故などが多発しています。
    交通円滑化及び追突事故の削減を図るために、上之(南)交差点から上川上交差点間について、熊谷バイパス中央分離帯側の道路用地を活用し、付加車線を設置する交差点改良工事です。

    位置図

    位置図

    現状の課題

    断続的な速度低下による渋滞 断続的な速度低下により発生している渋滞

    国道17号熊谷バイパスは、幹線道路が合流することによって交通が集中しています。
    交通量は約5万3千台/日と前後区間よりも多い状況です。
    交差点が近接しているため、断続的な速度低下により渋滞が発生。そのため追突事故などが多発しています。
    ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の開催会場(熊谷スポーツ文化公園)に隣接し、開催時の重要な輸送交通経路の一部を担います。

    【交通状況】
    高架区間と交差点間隔の広い区間に挟まれ、交差点が密集し、交通容量が低下する区間です。
    本区間の上下線では渋滞が発生しています。
    前後区間と比較し平均速度が低下しています

    交通状況

    【事故状況】
    全体の約80%が追突事故です。
    追突事故の約83%が混雑時に発生しています。

    ITARDA事故データ H22-H25 ITARDA事故データ

    対策内容・断面図

    断面図

    期待される効果

    車道拡幅によって、交通容量を増加し、交通円滑化及び追突事故の削減を図ります。

国土交通省 関東地方整備局 大宮国道事務所
〒331−9649 埼玉県さいたま市北区吉野町1丁目435番
TEL:048−669−1200  FAX:048−669−1221