一般国道17号 本庄道路
環境影響評価方法書(事業者案)の送付について

記者発表資料

一般国道17号本庄道路の計画の具体化にあたっては、PI(パブリック・インボルブメント)方式を取り入れ、これまでに住民の皆様のご意見を伺いつつ、県(埼玉県、群馬県)及び関係市町(岡部町、本庄市、上里町、新町)と検討を行い、「北ルート」で計画を進めているところです。
 
このたび、一般国道17号本庄道路の都市計画決定手続きに併せて行う環境影響評価に必要な「環境影響評価方法書(事業者案)」が、関東地方整備局長から埼玉県知事及び群馬県知事に平成15年10月14日付けで送付されましたので、お知らせいたします。
 
今後、埼玉・群馬両県において、環境影響評価方法書の公告・縦覧が行われる予定です。
 
なお、国土交通省では、引き続き詳細なルートや道路構造について検討を進めることとしております。
 
「PI(Public Involvement)方式」:施策の立案や事業の計画・実施等の過程で、関係する住民・利用者や国民一般に情報を公開した上で、広く意見を聴取し、それらに反映すること。

平成15年10月14日

国土交通省 関東地方整備局
大  宮  国  道  事  務  所


発表記者クラブ
竹芝記者クラブ
さいたま新都心記者クラブ
埼玉県県政記者クラブ
刀水クラブ(群馬県)
熊谷市役所記者クラブ(熊谷市役所)
横浜海事記者クラブ
神奈川建設記者会

問い合わせ先
  国土交通省 関東地方整備局 大宮国道事務所
  副  所  長 瀬尾(せお) 俊男(としお) (内線205)
  調査第一課長 山田(やまだ) 博道(ひろみち) (内線451)
  電話 048−669−1200

    NEXT→