トップページ > 一般国道17号 本庄道路の事業評価 > 費用と効課の確認
1.目的・必要性

(3)神流川橋の架け替えによる防災・震災対策
事  業  前

 神流川に架かる現国道17号の神流川橋は、昭和9年に架橋された老朽橋です。
現在の神流川橋
  本庄道路を整備すると・・・
事  業  後

本庄道路の整備で、神流川橋を架け替えることによって、災害時の緊急輸送路が確保され、また、渡河断面の交通容量が確保されます。