道路の占用に関する申請

許可される物件

具体的には、どんなものなら許可されるのでしょうか?
道路法第32条で示されているほか、看板・標識・工事用板囲・足場など、道路法施行令第7条に示されているものに限られます。
[解説]

歩道の幅を狭める個人の物件は、原則として許可できません。 具体的には置き看板・立て看板・商品置き場・自動販売機・売店・ひさしや軒・クーラーの室外機・資機材・広告や看板の支柱などです。

また、露店など一時的に設置をするもので許可できるものもありますし、許可できる物件でも、規模等により許可条件がありますので、詳細は申請窓口にお問い合わせください。

なお、ビルの工事等で歩道の切り下げが伴う場合には、「道路工事施工承認申請」も併せて申請をお願いいたします。

※歩道に自転車・バイク・自動車を駐車することは、禁止されています。

許可が受けられない物件   許可が受けられる物件

●置き看板・立て看板・捨て看板

●商品置場

●ノボリ旗や横断幕

●露店、売店

●装飾ひさしや軒・家屋

●クーラー室外機、ベンチ、フラワーポット

●資機材

●広告、看板などの支柱

●その他

※設置の期間(一時的)や、目的によって許可となる物件もあります。

※許可なく歩道や車道を個人的に利用することはできません。

●ビルなどの工事用仮囲や足場
(工事期間のみ)

●看板、日よけ(上空のみ)、投光器

●街路灯やアーケード

●CATVケーブル線

●上空のみ占用している朝顔、ゴンドラ等

●その他

※それぞれ物件・施設に応じ、許可条件があります。

※車を歩道に乗り入れる場合は、「道路工事施行承認申請」もお忘れなく(道路法第24条)。また、沿道を掘削する場合は、「沿道掘削施行協議書」もお忘れなく(道路法第44条)


このページのトップへ