共同溝

ライフラインを守る大切な施設の整備に取り組んでいます。

電気、ガス、上・下水道、電話のケーブルなどは、生活に欠かせない施設のため、「ライフライン」と呼ばれています。それらをまとめて地下に収容する施設が共同溝です。共同溝は、災害からライフラインを守るほか、地上の道路や通路が広々と使えたり、道路工事が減るなど、さまざまな効果があります。

与野共同溝

共同溝内

共同溝内

一般国道17号のさいたま市浦和区常盤〜上尾市緑丘区間(L=14.0km)の一部区間として位置づけられているのが与野共同溝です。「さいたま新都心」による電力等の需要増加に対応する供給を確保するため、さいたま市中央区下落合3丁目〜上落合5丁目区間(L=1,600m)の区間で整備を進めています。そのうち、さいたま市中央区上落合1丁目((赤山通り線〜北与野駅区間L=328m)で、共同溝本体工事を行っています。

事業箇所マップ

事業箇所マップ

構造規格

区 間 自)さいたま市中央区下落合3丁目
至)さいたま市中央区上落合5丁目
延 長 L=1,600m
企画企業 水道、東京電力、NTT
工 法 開削工法

標準断面図

標準断面図

このページのトップへ