電線共同溝

電線類を地下に埋設することにより、美しいまちづくりにも貢献しています。

電線共同溝は、電力、通信ケーブルなどを、まとめて地下に収容する施設です。地上から電柱をなくすことができ、道路をより有効に利用することができます。

整備状況

電力等の需要密度や、管内の改築・修繕・交通安全の事業計画と整合を図りながら、電線共同溝の整備を進めています。これまでに一般国道17号戸田地区〜白幡地区、別所地区、一般国道4号杉戸地区等について整備を進めてきました。

今後は、「無電柱化に係るガイドライン」に沿って、引き続き地中化を進めていきます。

一般国道17号(白幡地区)の整備

整備前
整備前
整備後
整備後

このページのトップへ