環境保全対策

沿道のみなさんの生活環境を守るため、さまざまな取り組みを進めています。

低騒音舗装

タイヤの溝と舗装面の間に挟まれた空気の逃げ道がないことから発生する空気圧縮音や膨張音。それらを軽減するのが低騒音舗装です。

通常の舗装

通常の舗装

空気の逃げ場がなく、騒音になる

低騒音舗装

低騒音舗装

空隙に空気が逃げ、音が生じにくい

遮音壁

遮音壁

沿道住居等への騒音の防止を目的として車道と沿道との境に設置される壁を「遮音壁」といいます。

交通の円滑化による沿道環境の改善

幹線道路ネットワークを整備したり、交差点の立体化(一般国道17号柿沼肥塚立体を参照)を推進することなどにより走行速度が向上し、自動車から排出されるPM、NOx、CO2の削減にも効果を発揮します。


このページのトップへ