防災対策

災害にそなえてさまざまな防災対策を行っています。

災害に強い道づくり

照明車

自然災害が発生した際、道路は避難路として、また緊急物資の輸送路として重要な役割を担います。また、都市部では幅の広い道路が、防災空間としても活躍します。そのため、災害時の道路機能確保について、常日頃から災害予防や、災害応急対策、災害復旧の諸対策の確立に努めています。このように総合的な防災対策を進めることにより、災害に強い道づくりを目指しています。

法面災害発生時

法面災害復旧後

災害時情報網の構築

地震など災害時の通信を確保するため、多重無線設備、移動無線設備、光通信ネットワークの整備を行っています。また、停電などによる道路管理業務の停滞を防ぐために、予備電源設備や無停電電源装置などの整備を進め、緊急時に対応できる電気通信施設の構築を行っています。

さらに地震や異常気象時には、現地からの災害情報、道路情報をリアルタイムに収集し、関係部署に即座に伝達します。こうした集められた情報を処理して一元管理すると共に、道路利用者にも情報を提供します。

無線通信用鉄塔:関東地方整備局及び近隣事務所間で、災害情報の電話連絡及びデータ伝送を行うための、多重無線用アンテナを搭載しています。

道路気象観測装置:道路における路面凍結、雨量、風向風速などの気象情報を収集します。

道路情報板:工事情報及び災害情報を道路利用者にお知らせします。


このページのトップへ