圏央道 首都圏中央連絡自動車道 Route 468

468

整備効果の事例

平成28年10月27日 記者発表 湘南から東北がつながり1年

■沿線の企業では生産性の向上が確実に発現

■広域的な観光ルートを形成し観光客の増加に貢献



【記者発表】
平成27年10月31日に圏央道(桶川北本IC〜白岡菖蒲IC)が開通
湘南から東北がつながり1年


平成28年9月5日 記者発表 圏央道(東名〜東北道))沿線市町で税収増!

■圏央道(東名〜東北道)沿線市町では大型物流施設等の立地や生産性の向上が進み、雇用や税収が増加



【記者発表】
平成27年10月31日に圏央道(桶川北本IC〜白岡菖蒲IC)が開通
圏央道(東名〜東北道)沿線市町で税収増!
法人住民税約140億円増 固定資産税(家屋)約50億円増


平成28年4月7日 記者発表 圏央道で湘南が身近に!観光客の2割増に貢献



■湘南地区への観光客が増加


■配送時間短縮により物流の生産性向上に寄与


■生活道路の安全性が向上


■通行止め時の広域迂回ルートが確保


【記者発表】
平成27年10月31日に圏央道(桶川北本IC〜白岡菖蒲IC)が開通
圏央道で湘南が身近に!観光客の2割増に貢献
〜 圏央道埼玉県区間 全線開通3ヶ月後のストック効果をお知らせします〜

平成27年12月25日 記者発表 圏央道のストック効果をお知らせします



■都心の渋滞を避けて目的地へ

■関東近郊の観光地がより身近に

■沿線に立地する企業の生産性の向上に寄与

■今回開通区間の交通量


【記者発表】
10/31(土)に圏央道(桶川北本IC〜白岡菖蒲IC)が開通
圏央道により湘南から東北がつながりました
圏央道のストック効果をお知らせします〜 圏央道埼玉県区間全線開通1ヶ月後〜

平成27年11月11日 記者発表 10/31(土)に圏央道(桶川北本IC〜白岡菖蒲IC)が開通



開通後の交通量
<圏央道> 圏央道の利便性が一段と向上
<放射道路> 圏央道内側の東名高速では交通量が減少


【記者発表】
速報 10/31(土)に圏央道(桶川北本IC〜白岡菖蒲IC)が開通
久喜白岡JCT〜海老名JCTが約60分短縮(約130分→67分)東北と湘南がより近くに!
東名では、圏央道外側で2,200台/日増加しているにもかかわらず内側で4,700台/日減(4%減) 都心を通過する交通の減少に期待!

平成23年5月17日 記者発表 (圏央道)川島IC〜桶川北本IC開通1年後の交通状況と整備効果をお知らせします。



【記者発表】
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)川島IC〜桶川北本IC開通
1年後の交通状況と整備効果をお知らせします。

平成22年10月27日 記者発表 (圏央道)川島IC〜桶川北本IC開通半年後の交通状況と整備効果をお知らせします。



【記者発表】
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)川島IC〜桶川北本IC開通
半年後の交通状況と整備効果をお知らせします。


このページのトップへ