ホーム > 大宮国道のしごと > 国道4号

戸井橋

4
越谷市・春日部市堺を流れる一級河川新方川(にいがたがわ)の河川改修を行なうため埼玉県からの委託を受け国道4号戸井橋の架替を進めています。

事業の概要

一般国道4号は、東京都中央区から青森県青森市へ至る延長860kmの主要幹線道路で、戸井橋は一級河川新方川(埼玉県管理)を跨ぐ渡河橋です。

戸井橋の概要

新方川を渡る橋として昭和30年に架設され、その後昭和47年に戸井橋側道橋を設置しました。

広域地図

詳細地図

河川改修事業概要

新方川は越谷市の北東部を流れ、中川に合流する一級河川であり、昭和55年から約9.3kmを「総合治水対策特定河川」に位置付け、埼玉県が河川改修事業等を進めています。

当該箇所は新方川の上流流域の治水安全度を向上させるため、河川改修に合わせて戸井橋架換えが必要となり、埼玉県河川改修事業の一環として工事を実施しました。

計画河川断面図

委託者
埼玉県

標準断面図

【架替前】

【架替後】

側面図

【架替前】

【架替後】

構造規格

路線名 国道4号
地先名 埼玉県越谷市千間台地先
春日部市大枝地先
橋 長 35.0m(支間長16.550m +16.550m )
橋梁形式 上部工:2径間連結プレテンション方式PC中空床板橋
下部工:A1、A2逆T式橋台 P1 小判型壁式橋橋脚
規 格 第4種第1級
設計速度 60km/h
幅 員 14.8m
車線数 2車線

このページのトップへ