与野大宮道路

17
日本の未来をも担う「さいたま新都心」。その骨格となる道路づくりを進めています。

期待される効果

与野大宮道路の開通により、次のような効果が期待されます。

「さいたま」新都心の骨格の形成

  • さいたま新都心地区周辺交通渋滞の緩和に寄与します。
  • 赤山東線、東西中央幹線、南大通東線、産業道路とあわせて、「さいたま新都心」の発展を支援する骨格街路として機能します。

交通渋滞の解消

  • さいたま新都心である当該地域では、交通需要が高く慢性的に渋滞が発生します。
  • 車線拡幅により、並行路線(国道17号新大宮バイパス)との交通分担をはかり、交通量の平準化を促します。

地域の安全・快適性の向上

  • 共同溝、電線共同溝整備と合わせて、歩道のバリアフリー化を実施し、快適な道路空間・都市景観を実現します。
  • 共同溝、電線共同溝にライフラインを収容することにより、地震等の災害時でも安全な道路を整備します。

大宮国道IRサイト「道路政策・事業の評価」もご覧ください。


このページのトップへ