与野大宮道路

17
日本の未来をも担う「さいたま新都心」。その骨格となる道路づくりを進めています。

事業の進み具合

平成6年度、新都心の中心部に位置する1.5km区間が事業化されました。それを受けて、平成10年度より用地買収が完了した箇所から工事に着手し、南大通東線〜八幡通り線までの700mを4/4車線で供用しています。

与野大宮道路の経緯

平成元年度
都市計画決定
(さいたま市中央区下落合〜さいたま市大宮区桜木町(延長2.7km ))
平成6年度
事業化(L=1.5km)
平成7年度
用地買収着手
平成10年度
工事着手
平成11年度
3/4車線供用(L=1.2km)(平成12年3月)
平成18年度
4車線化(さいたま市中央区上落合〜八幡通交差点:L=700m )(平成19年2月)

平成26年度の予定

赤山東線から八幡通り線の延長0.8kmの調査設計を実施する予定です。


このページのトップへ