上武道路

17
上州と武蔵を結ぶ新時代の街道として活躍しています。

事業の概要

深谷バイパスと上武IC(熊谷市西別府)で分岐した後、利根川を渡って群馬県に入り、前橋市で一般国道17号に接続する延長40.5kmのバイパスです。

利根川を渡り、群馬県前橋市へと伸びる上武道路は、関東平野北部の利便性を高める大規模なバイパス(地域高規格道路)です。

昭和61年7月に都市計画決定されて整備を進め、大宮国道事務所が担当する5km区間については、暫定2車線で供用しています。

標準断面図

構造規格

■区 間
起点:埼玉県熊谷市西別府(上武IC)
終点:埼玉県深谷市高島
■延 長
4,970m
規  格 第3種1級
設計速度 80km/h(本線部)
幅  員 19.00m(本線部)
車 線 数 本線4車線、側道2車線
事業化年度 昭和47年度
都市計画決定 昭和61年7月15日
供用状況 平成4年2月20日

このページのトップへ