ホーム > 大宮国道のしごと > 国道17号 > 本庄道路 > 事業の進み具合

本庄道路

17
地域にとっても大切な道路だから、住民の皆さんとともに、計画を考えています。

事業の進み具合

本庄道路の計画にあたっては、PI方式を導入しました。住民の皆様に検討内容を広報するとともに、ご意見を広くお聞きし、関係機関と調整しながら、計画案の策定を進めてまいりました。

平成14年度より都市計画・環境影響評価手続きに着手し、平成21年2月10日に都市計画決定されました。

現在、埼玉県本庄市沼和田から群馬県高崎市新町までの延長7kmについて事業を進めています。

平成23年度に神流川橋架替区間の設計・用地説明会を開催し、順次、用地買収、橋梁工事に着手しています。また、国道462号〜県道沼和田杉山線間においては、平成27年度に設計・用地説明会を開催し、用地買収を進めさせて頂いております。

平成26年度の予定

調査設計、用地買収、神流川橋下部工及び環境整備工を実施する予定です。

平成26年度の予定

神流川橋橋脚の進捗状況


           終点側(高崎市新町)より埼玉方面を望む(平成27年1月)




           終点側(高崎市新町)より埼玉方面を望む(平成29年3月)


神流川橋 橋脚・橋台施工状況(平成29年度現在)


                                                      P:橋脚 A:橋台
    
                              橋脚の施工状況(平成29年5月)

このページのトップへ