上尾道路

17
埼玉県中央地域での南北の交通軸が形成され、彩の国の道路交通網がパワーアップします。

事業の概要

上尾道路は、国道16号及び国道17号新大宮バイパスの宮前IC(さいたま市西区宮前町)から、国道17号の西側を並行し、鴻巣市箕田で国道17号及び熊谷バイパスに接続する延長20.1km のバイパスです。バイパスとバイパスをつなぎ、地域の道路網を形成するとともに、国道17号の交通混雑の緩和や沿道環境の改善が期待されます。

現在の供用区間の終点部にあたる桶川北本ICでは、一般国道468号首都圏中央連絡自動車道(圏央道)と接続します。

慢性化している国道17号の交通混雑を緩和することが大きな目的です。
(写真左:現道の愛宕町交差点付近、写真右:吉野町交差点付近)



平面図

地図

図を拡大表示します PDF

標準断面図

4車線の一般道路および沿道の皆様が利用するサービス道路、自転車歩行者道および植樹帯で構成されています。

さらに、中央部には高架構造の4車線の自動車専用道路が計画されています。


構造規格

■区 間
起点:埼玉県さいたま市西区宮前町
終点:埼玉県鴻巣市箕田

           T期 起点 埼玉県さいたま市西区宮前町
               終点 埼玉県桶川市川田谷
           
           U期 起点 埼玉県北本市石戸宿
               終点 埼玉県鴻巣市箕田


■延 長
20.1km


■構 造

  一般道路 自動車専用道路
区  分 第4種1級 第1種3級
設計速度 60km/h 80km/h
幅  員 57m 20.5m
車 線 数 4車線 4車線
事業化年度 平成2年度・平成7年度(I期区間)
平成23年度(II期区間)
平成28年度(宮前IC〜上尾南IC(仮称))
都市計画決定(変更) 平成元年12月22日
供用状況 T期区間(さいたま市西区宮前町地先〜桶川市川田谷地先)延長11.0kmが開通
(うち、上尾市小敷谷地先〜(主)川越栗橋線までの延長4.4km、
圏央道桶川北本IC〜桶川市川田谷地先((主)さいたま鴻巣線)までの延長0.9kmは、
暫定2車線で開通)

このページのトップへ