●緒元
路線名 一般国道20号
区間 自:茅野市金沢
  至:茅野市宮川
計画延長 3.7km
標準幅員 25.0m
構造規格 第3種第2級
設計速度 60km/h
車線数 4車線
目的  茅野市周辺は、蓼科高原や車山高原など長野県有数の観光地がある一方、工業団地や土地区画整理事業の開発が著しい地域です。しかし、坂室地先の一般国道20号は幅員が6.0〜8.5mと狭く、大型車のすれ違いが困難な状況です。また、茅野市木舟付近は最急縦断勾配6.0%の区間が約780mあり、走行性に欠け、歩道の未整備区間も多く、慢性的な渋滞が発生しています。特に坂室交差点は、主要渋滞ポイントに位置づけられています。こうしたさまざまな問題を解決し、茅野市の交通環境を改善するため、延長3.7kmの坂室バイパスを整備しています。
整備効果    坂室交差点の渋滞緩和だけでなく、急縦断勾配が解消されることで、円滑で快適な走行が可能になります。また、歩道空間の整備により歩行者や自転車の通行の安全性が向上。さらにバイパス区間には西茅野土地区画整理事業があり、アクセス道路として地域の発展に寄与します。

●計画平面図
計画平面図
計画平面図
     ●坂室バイパス(暫定2車線開通)の状況

バイパス

  
●事業の経緯
年度
事業内容
H10年度 事業化
H12年度 測量、調査設計、地元設計協議に着手
H14年度 設計協議を促進し、橋梁・改良工事に着手
H17年度 用地買収、改良工事の推進
H23年度 茅野市宮川〜茅野市金沢間L=2.1km暫定2車線開通