●緒元
路線名 一般国道18号
区間 自:東御市本海野
  至:上田市上塩尻
計画延長 11.5km
標準幅員 27.0m
構造規格 第3種第1級
設計速度 60km/h
車線数 4車線
目的  国道18号の上田市から千曲市を経て長野市に至る区間は、通勤通学等による地域内交通や通過交通、観光交通の増加により、随所で慢性的な交通渋滞を生じています。上田バイパスは、これらの混雑を緩和し、交通安全を確保するために整備されています。昭和62年度までに、市道川原柳豊里線から終点までの約5.6kmを暫定2車線で開通。また、平成20年度に上田市大字国分から市道川原柳豊里線までの約1.8kmが暫定2車線で開通しました。平成21年度からは、起点から上田市国分までの約4.1kmの区間について事業を進めています。
整備効果    上田バイパスへ交通が転換することで交通混雑が緩和。周辺道路の安全性が向上します。また、上田市では浅間テクノポリスの中心都市として産・学・官の連携が進められており、円滑で安全な道路は地域の発展に貢献します。
 上田市の工業生産地域である丸子地区では、高速ICへのアクセスが向上し更なる工業振興が見込まれます。

●計画平面図
計画平面図
計画平面図
     ●暫定開通後の上田バイパス
バイパス
●事業の経緯
年度
事業内容
S47年度 事業化
S62年度 (市)川原柳豊里線から上塩尻東交差点までのL=5.6kmを暫定2車線で開通
H12年度 上田市大字国分から住吉に至るL=1.8kmを事業着手
H13年度 地元設計協議に着手
H15年度 地元設計協議を完了
H16年度 用地買収推進
H17年度 一部歩道工事着手
H18年度 道路改良工事着手
H20年度 1.8km区間 暫定2車線開通
H21年度 延伸4.1km区間事業化
H23年度 用地着手