●緒元
路線名 一般国道18号
区間 自:埴科郡坂城町南条
  至:千曲市稲荷山
計画延長 19.2km
標準幅員 25.0m〜27.0m
構造規格 第3種第1級
設計速度 80km/h
車線数 4車線
目的  一般国道18号の上田市から長野市間の約50kmは、地域交流が盛んで、年々交通量が増加しています。特に更埴市街地は市街化の進展により渋滞が著しく、一般国道403号と交わる杭瀬下交差点が主要渋滞ポイントになっています。また、歩道がほとんどないため、追突や歩行者との接触などの事故が多発しています。これらの問題を解消し、千曲川左岸地域の活性化を図るため、千曲市八幡から千曲市稲荷山までの約3.0km間で整備を進めています。平成17年12月には、国道403号から県道姨捨停車場線までの約2kmについて暫定供用しました。
整備効果    杭瀬下交差点をはじめ、現国道18号や県道長野上田線の交通渋滞が緩和され、騒音や排ガスが減少し、沿道の生活環境が改善されます。また、バイパス沿いは植栽され、ゆとりのある歩道となり、歩行者や自転車が安全に通行できるようになります。さらに千曲市周辺では、国道403号や上田バイパスなどの道路整備、八幡工業団地、圃整備事業などが実施されており、これらの事業との連携によりハイテク産業の振興を促し、地域に活力を与えます。
 また、当該区間の整備により、八幡地区から第二次救急医療施設の篠ノ井総合病院への所要時間が短縮し、救急医療施設へのアクセスの向上により救命率の改善が見込まれます。

●計画平面図
計画平面図
計画平面図
     ●暫定開通区間の状況
バイパス
●事業の経緯
年度
事業内容
H9年度 事業化
H11年度 用地買収に着手
H12年度 工事に着手
H17年度 県道姨捨停車場線〜国道403号までのL=2.0km暫定開通
H20年度 県道長野上田線〜県道姨捨停車場線までのL=1.0km暫定開通
千曲市稲荷山〜長野市篠ノ井塩崎間 L=2.6km事業化
H22年度 千曲市稲荷山〜長野市篠ノ井塩崎間 用地買収着手