B 長野県内道路の“ハラハラ“箇所

 

”ハラハラ”箇所とは

”ハラハラ”箇所とは、安全性の確保が必要な箇所であり、交通事故が多く発生し、危険性が高く、安心して通行や走行ができずに”ハラハラ”と感じると思われる箇所として選定しています。

 

”ハラハラ”箇所の選定の流れ

“ハラハラ”箇所

平成18年度に50箇所が選定され、平成22年度に38箇所が追加されました。

現在、合計88箇所が“ハラハラ”箇所として選定されています。

 

image01h

図 “ハラハラ”箇所選定条件フロー

 

”ハラハラ”箇所の進捗状況

“ハラハラ”箇所の進捗状況

88箇所のうち、49箇所(約56%)が完了し、経過観察を実施しています。(H24.4現在)

 

<ハラハラ箇所事業進捗状況(88箇所)>

Book1

 

表 ”ハラハラ”箇所の進捗一覧

ハラハラ箇所.jpg

 

pdca_hanrei

 

ハラハラ箇所図.jpg

図 ”ハラハラ”箇所

 

TOPへ戻る

INDEXへ戻る