ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 10月 > 関東地方整備局で初めてのECI方式(技術提案・交渉方式)による設計業務、技術協力業務及び耐震補強工事を実施します。

記者発表資料

2019年10月17日

  • 関東地方整備局で初めてのECI方式(技術提案・交渉方式)による設計業務、技術協力業務及び耐震補強工事を実施します。

    横浜国道事務所

     横浜国道事務所では、関東地方整備局で初めてのECI方式(技術提案・交渉方式「技術協力・施工タイプ」)による業務発注及び工事発注を試行します。
     ECI方式は、公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)第18条技術提案の審査及び価格等の交渉による方式によるもので、「当該公共工事の性格等により当該工事の仕様の確定が困難である場合」において適用します。

     ECI方式による発注手続きは、国道1号矢沢高架橋(横浜市戸塚区)の耐震補強で実施します。
     ECI方式を採用することにより、設計段階からの施工者独自のノウハウを取り入れることにより、効率的・確実な「設計」「施工」が期待されます。

    発注業務等
    (1)設計業務
     ・別途発注する技術協力業務の実施者、発注者とパートナーシップを組みながら、耐震補強の詳細設計を進めます。
    (2)技術協力業務及び耐震補強工事
     ・技術提案を公募の上、その審査の結果を踏まえて選定した者と技術協力業務を締結。別途契約の上記(1)の設計業務に提案内容を反映させながら工法、価格等の交渉を行うことにより仕様を確定した上で工事の契約を行います。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369