ホーム > 記者発表資料 > 平成31年 > 1月 > 国道1号(横浜新道終点部〜藤沢バイパス出口交差点)において、3箇所の右折レーン設置等の渋滞・事故対策工事に着手します

記者発表資料

2019年01月10日

  • 国道1号(横浜新道終点部〜藤沢バイパス出口交差点)において、3箇所の右折レーン設置等の渋滞・事故対策工事に着手します

    横浜国道事務所

     国道1号(横浜新道終点部〜藤沢バイパス出口交差点)の渋滞対策等については、神奈川県渋滞ボトルネック検討WG等において議論してきているところですが、この度、3箇所の渋滞・事故対策工事に着手しますので、概要をお知らせします。
     また、既に実施済みの渋滞・事故対策について、効果を取りまとめましたので、併せてお知らせします。

     ※神奈川県渋滞ボトルネック検討WG:
      http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/06data/plan/jyutai_02/index.htm

    (1)今年度中に着手する渋滞・事故対策工事の概要<3箇所>(詳細は本文資料(PDF)P2〜3)
     (1)藤沢バイパス出口交差点(上り) ⇒ 国道と県道の合流車線延長
     (2)東俣野交差点(下り) ⇒ 右折専用レーンの設置
     (3)聖母の園バス停(上り) ⇒ バスベイの改良

    (2)実施済みの渋滞・事故対策の効果<1箇所>(詳細は本文資料(PDF)P4〜5)
     (4)藤沢バイパス出口交差点(下り) ⇒ 1車線区間を2車線に改良

    <主な効果>
     (その1)車線変更台数 → 約8割減少
     (その2)速度低下 → 一部解消
     (その3)急ブレーキ回数 → 約6割減少

    <参考1>国道1号の交通状況(詳細は本文資料(PDF)P6)
    <参考2>国道1号における今後の渋滞・事故対策について(詳細は本文資料(PDF)P7)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369