ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 11月 > 紅葉期の鎌倉の観光混雑について

記者発表資料

平成30年 11月21日

  • 紅葉期の鎌倉の観光混雑について

    横浜国道事務所

     ICT・AIを活用したエリア観光渋滞対策の実験・実証を行う「観光交通イノベーション地域」に選定された鎌倉市において、新たなICT・AI技術を活用し、昨年度の紅葉シーズンの混雑を「見える化」しましたのでお知らせします。この秋の観光シーズンの参考にしてください。

     国土交通省では、平成29年9月にICT・AI等の革新的な技術を活用し、警察や観光部局とも連携しながら、エリア観光渋滞対策の実験・実装を図る「観光交通イノベーション地域」として鎌倉市を選定しました。
     新たなICT・AI技術の活用に向けては、平成30年1月23日から2月20日までの間、技術公募を実施し、先行して活用する「人・車の流動を分析する技術等」について、現地での実証実験が可能な技術として17技術を選定しました。
     このたび、選定された技術の提案者との調整等が整った下記の技術を活用し、昨年度の紅葉期の観光混雑を「見える化」しましたのでお知らせします。
     紅葉期の鎌倉の主な観光スポットの時間・空間的な混雑を分析した結果、北鎌倉周辺は午前から昼頃にかけて混雑する一方、鶴岡八幡宮や長谷寺周辺は午後に混雑が集中しています。

      記

    実施技術名:
     スマートフォンによる位置情報を用いた総合的人流解析技術
    技術提案者:
     (一財)計量計画研究所、ソフトバンク(株)、(株)Agoop
    技術の概要:
     基地局、GPS、Wi-Fi通信から得た携帯電話利用者の位置情報を複合し、面的な人の流れとして把握する技術
    実施内容:
     観光期などの位置情報から鎌倉における人の流動を把握・分析

    参考:(紅葉期の鎌倉の観光混雑マップ)
    http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/06data/plan/kamakura/img/kamakuraheatmap.mp4

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369