ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 11月 > 太平洋岸自転車道の延伸工事に着手 〜2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの開通を目指して事業を推進〜

記者発表資料

平成30年 11月08日

  • 太平洋岸自転車道の延伸工事に着手 〜2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの開通を目指して事業を推進〜

    横浜国道事務所

     横浜国道事務所は、大磯町内における太平洋岸自転車道の延伸部である、大磯町国府本郷地先において、葛川渡河部の橋梁及び自転車道の整備に着手します。
     大磯町内における当該区間の整備は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指し、事業を推進します。
     なお、工事に伴い、通行止めを実施します。ご利用の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

    ◆整備区間:
     太平洋岸自転車道
     大磯町国府本郷地先
    ◆整備内容:
     葛川渡河部の橋梁
     自転車道の擁壁等
    ◆整備延長:
     約0.3キロメートル
    ◆整備時期:
     平成30年11月12日(月)より工事着手予定
     (雨天等により着手日が変更となる場合があります)

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369