ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 5月 > 平成30年度 横浜国道事務所の事業概要 〜圏央道(高速横浜環状南線・横浜湘南道路)の整備を推進します〜

記者発表資料

平成30年 05月07日

  • 平成30年度 横浜国道事務所の事業概要 〜圏央道(高速横浜環状南線・横浜湘南道路)の整備を推進します〜

    横浜国道事務所

     横浜国道事務所では、首都圏中央連絡自動車道、厚木秦野道路等の整備や道路の管理を行っています。
     平成30年度は、約585億円(維持管理費を除く)で事業を推進します。
     主な事業は、以下のとおりです。

    《主な事業内容》
    ■国道468号 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)〈H30事業費:484.00億円〉
     ・金沢〜戸塚【高速横浜環状南線】
      道路設計、用地買収、栄IC・JCT橋梁上下部工事、改良工事等を推進します。
     ・横浜湘南道路
      道路設計、用地買収及び立坑工事、トンネル工事、改良工事、橋梁工事等を推進します。
    ■国道246号 厚木秦野道路〈H30事業費:38.70億円〉
     厚木地区は、道路設計、用地調査、環境調査及び用地買収を、伊勢原地区は、道路設計、環境調査、用地買収、埋蔵文化財調査及び改良工事を、伊勢原西〜秦野中井は、道路設計及び環境調査を推進します。
    ■国道246号 秦野IC関連〈H30事業費:12.62億円〉
     道路設計、環境調査、移設補償、埋蔵文化財調査、橋梁上下部工及び改良工を推進します。
    ■国道357号 東京湾岸道路(神奈川県区間)〈H30事業費:6.50億円〉
     夏島地区は、調査設計及び改良工事を推進します。
    ■交通安全事業〈H30事業費:14.19億円〉
     国道1号 大磯〜二宮自転車通行環境整備
     自転車が安全・安心に通行できる自転車通行空間の整備等を推進します。
    ■電線共同溝事業〈H30事業費:23.30億円〉
     電線類の地中化及び路面復旧工事等を推進します。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369