ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 3月 > 津波対策として国道1号に津波情報表示施設等を整備しています

記者発表資料

平成30年 03月30日

  • 津波対策として国道1号に津波情報表示施設等を整備しています

    横浜国道事務所

     国土交通省横浜国道事務所では、平成27年3月に神奈川県が津波浸水想定図を公表したことを受け、直轄国道に津波情報表示施設(「津波情報表示装置」及び「津波標識」)の整備を進めております。
     神奈川県が公表した浸水想定では、相模湾沿岸は津波高さが高く、かつ到達時間が短いとされています。こうしたことから今般、沿線自治体(小田原市、二宮町、大磯町)及び関係機関と協議し、この区間を優先的に整備を行っております。
     津波発生時には、沿線自治体のハザードマップ等により、安全な場所に避難して頂くよう、よろしくお願いします。

    ◆整備区間:
     国道1号 大磯町大磯〜小田原市板橋
    ◆整備内容:
     津波情報表示施設[津波情報表示装置、津波標識]

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369