ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 5月 > 国道357号東京湾岸道路(本牧地区)の開通後の整備効果をお知らせします。 〜ふ頭間の移動時間短縮が定着〜

記者発表資料

平成29年 05月19日

  • 国道357号東京湾岸道路(本牧地区)の開通後の整備効果をお知らせします。 〜ふ頭間の移動時間短縮が定着〜

    横浜国道事務所

     平成28年3月27日(日)に開通した東京湾岸道路(本牧地区)(横浜市中区本牧ふ頭〜錦町)の開通後の整備効果をお知らせします。

    <<ふ頭間の移動時間短縮・開通区間の交通量は堅調に推移>>
     ・開通区間の交通量は一日あたり約15,000台、大型車は一日あたり約6,800台。
     ・並行する周辺の交通量は減少(並行する市道では約3割減少、うち大型車は約4割減少)。
     ・横浜ベイブリッジ(大黒ふ頭方面)の朝の時間帯の交通量は、開通直後から更に増えていますが、移動時間は、約33分から約13分へ約20分短縮。

    <<開通区間に並行する市道の環境改善>>
     ・交通量の減少により、並行市道の交通事故件数が約3割減少。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369