ホーム > 記者発表資料 > 令和元年 > 7月 > 横浜港「潮彩の渚」(人工干潟)にて「外来海洋生物観察会」を実施します

記者発表資料

2019年07月12日

  • 横浜港「潮彩の渚」(人工干潟)にて「外来海洋生物観察会」を実施します

    横浜港湾空港技術調査事務所

     近年、外来海洋生物の環境への影響が注目されていますが、横浜港湾空港技術調査事務所内の「潮彩の渚」(人工干潟)にも多数生息しているのが確認されており、その外来生物の生態について有識者を招き横浜市内の小学生の方を対象とした観察会を今年度より以下のとおり実施します。



    観察会名:横浜の海はいま?〜ハマにたどり着いた見知らぬ生きものたち〜
    観察会日時:令和元年7月31日(水)9時30分〜11時30分(雨天中止)
    実施場所:横浜港湾空港技術調査事務所内「潮彩の渚」(人工干潟)
    参加者:公募により募集する横浜市内の小学生(引率者含む) 約20名

    ★調査の詳細につきましては、本文資料(PDF)別添資料をご覧下さい。
    ★取材を希望される場合は7月29日(月)12時までに下記担当者までご連絡をお
    願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369