ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 2月 > 「渡良瀬川大規模氾濫に関する減災対策協議会」が水のう設置訓練を実施します。

記者発表資料

平成29年 02月13日

  • 「渡良瀬川大規模氾濫に関する減災対策協議会」が水のう設置訓練を実施します。

    渡良瀬川河川事務所

     市町、県、国で構成する渡良瀬川大規模氾濫に関する減災対策協議会では、水防災意識社会を目指し、各構成員が計画的・一体的に取り組みを進めています。
     今回設置訓練する『水のう工法』は、洪水時の堤防越水に対して行われる土のう積みに代わり、水を注入した『水のう』を設置する水防工法の1つで、設置時間の短縮や作業者の削減が期待される新技術です。当日は、渡良瀬川の高水敷に水のうを設置し、その有用性を確認します。

      記

    1.日時:
     平成29年2月21日(火) 13時30分〜14時30分
    2.場所:
     栃木県足利市永楽町 中橋緑地駐車場(本文資料(PDF)案内図参照)
     (渡良瀬川左岸35.0キロ付近高水敷)
    3.参加者:
     渡良瀬川大規模氾濫に関する減災対策協議会幹事会構成員
     (足利市、佐野市、栃木市、桐生市、太田市、館林市、板倉町、邑楽町、
     栃木県、群馬県、独立行政法人水資源機構、気象庁、国土交通省)
    ※その他、取材に関する詳細は本文資料(PDF)別添資料をご覧下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369