ホーム > 記者発表資料 > 平成31年 > 4月 > 平成31年度 宇都宮国道事務所の事業概要 〜国道4号矢板大田原バイパス、国道121号日光川治防災の新規事業化〜

記者発表資料

2019年04月12日

  • 平成31年度 宇都宮国道事務所の事業概要 〜国道4号矢板大田原バイパス、国道121号日光川治防災の新規事業化〜

    宇都宮国道事務所

     宇都宮国道事務所では、栃木県内(一部茨城・埼玉・福島県内を含む)の国道4号、新4号国道、国道50号の整備と管理、及び国道121号(権限代行)の整備を進めます。
    主な事業は以下のとおりです。

    ≪主な事業内容≫
    〈国道4号〉
     ・【平成31年度新規事業化】矢板大田原バイパスは、地形測量を実施します。
     ・西那須野道路は、道路設計、三区町地区ほかの用地買収、三区町地区ほかの改良工事を実施します。
     ・矢板拡幅は、道路設計、片岡地区ほかの用地買収を実施します。
     ・雀宮駅前歩道整備は、調査設計及び電線共同溝工事を実施します。
     ・小山喜沢電線共同溝は、調査設計、支障物移設、本体工事を実施します。

    〈国道4号(新4号国道)〉
     ・春日部古河バイパスは、道路設計、幸主地区ほかの改良工事、元栗橋跨道橋の下部工事を実施します。

    〈国道50号〉
     ・結城バイパスは、新川島橋の橋梁耐震補強工事・橋梁上部工事を実施します。

    〈国道121号〉
     ・【平成31年度新規事業化】日光川治防災は、地質調査を実施します。

    〈道の駅について〉
     ・大学と「道の駅」の連携企画を引き続き実施します。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369