ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 10月 > 自治体職員を対象にした橋梁点検の現場研修会を開催 〜技術力向上及び点検の質向上を目指して〜

記者発表資料

平成30年 10月03日

  • 自治体職員を対象にした橋梁点検の現場研修会を開催 〜技術力向上及び点検の質向上を目指して〜

    栃木県道路メンテナンス会議

     橋梁、トンネル等の5年に1度の近接目視による点検が義務化されてから今年で5年目になります。
     「栃木県道路メンテナンス会議」では、自治体職員の道路橋メンテナンス技術力の向上、点検の質向上を目的とした現場研修会(橋梁点検)を開催します。

    1.開催日時:
     平成30年10月5日(金) 14時20分〜15時30分(小雨決行)
    2.開催場所:
     東北自動車道 犬伏橋(栃木県佐野市関川町地先)
    3.参加者:
     自治体職員35名程度
    4.内容:
     (1)高所作業車を利用した近接目視 (2)モバイルPCを活用した点検
     (3)蛍光X線を利用した塩化物濃度測定 (4)中性化試験

    報道機関の皆様へ
    ・取材される場合は、前日の10月4日(木)17時までに下記の問い合わせ先にご連絡下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369