ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 6月 > 大規模災害に備え災害対策用機器の操作訓練を実施します 〜国、自治体、災害協定会社の3者合同〜

記者発表資料

平成29年 06月12日

  • 大規模災害に備え災害対策用機器の操作訓練を実施します 〜国、自治体、災害協定会社の3者合同〜

    宇都宮国道事務所
    鬼怒川ダム統合管理事務所

     国土交通省では、震災や洪水被害等に対応するための災害対策用機器を保有しており、国土交通省の直轄施設の災害対応に使用するだけでなく、地方公共団体からの要請により、全国に派遣を行っています。
     今回、宇都宮国道事務所、鬼怒川ダム統合管理事務所では合同で、災害発生時などに迅速に災害対策用機器を設置・操作ができるよう、栃木県内の国土交通省事務所の職員、地方公共団体の職員、災害協定会社の皆様を対象に下記のとおり操作訓練を実施致します。

      記

    ○実施日時
     平成29年6月14日(水) 13時20分〜16時40分
    ○実施場所
     鬼怒川・真岡地区河川防災ステーション
     栃木県真岡市若旅(本文資料(PDF)別紙会場図参照)
    ○講習内容
     本文資料(PDF)別紙1のとおり

    ※報道機関の皆様へ:
     災害対策用機器の操作(実技)の取材が可能です。
     会場内に駐車場を用意しています。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369