ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 12月 > 大学生を対象にした橋梁点検の現地学習会を開催 〜将来の土木技術者が橋梁点検を体験〜

記者発表資料

平成28年 12月16日

  • 大学生を対象にした橋梁点検の現地学習会を開催 〜将来の土木技術者が橋梁点検を体験〜

    栃木県道路メンテナンス会議

     高度経済成長期に集中的に整備された道路施設の老朽化対策が緊急の課題となっています。橋梁やトンネルなどの道路構造物を良好な状態に保全していくために「点検→診断→措置→記録」というメンテナンスサイクルを確実に実施することが重要となっています。

     今回、「栃木県道路メンテナンス会議」では、宇都宮大学のご協力のもと、土木技術者を目指す学生の皆さんに、橋梁の点検を体験していただくことにより、道路施設のメンテナンスサイクルの重要性を学習していただくことを目的に現地学習会を開催します。

    1.開催日時:平成28年12月20日(火) 13時00分〜17時00分(小雨決行)
    2.開催場所:新4号国道 鉢形第2跨道橋(栃木県小山市鉢形地先)
    3.参加者:宇都宮大学 学生等 20名程度

    報道機関の皆様へ
     ・取材される場合は、前日の12月19日(月)17時までに下記の問い合わせ先にご連絡下さい。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369