ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 7月 > 首都直下地震や風水害等に備え、災害対策用機器の操作講習会を都内所在の「国」、「地方公共団体」、「民間企業」の3者で実施します

記者発表資料

平成30年 07月12日

  • 首都直下地震や風水害等に備え、災害対策用機器の操作講習会を都内所在の「国」、「地方公共団体」、「民間企業」の3者で実施します

    東京国道事務所
    相武国道事務所
    荒川下流河川事務所

     国土交通省では震災や洪水などの災害に速やかに対応するため、災害対策用機器を保有しており、国土交通省直轄施設の災害対応に使用するだけでなく、各地方公共団体からの要請による派遣も行っています。
     今回、東京国道事務所、相武国道事務所及び荒川下流河川事務所では、関東地方整備局職員、地方公共団体職員及び災害協定会社の皆様とともに、災害対策用機器の設置、操作を習得するための操作講習会を実施し、災害発生時における迅速且つ円滑な対応及び連携に備えます。

    ■日時
     平成30年7月19日(木)(※雨天決行)[予備日:8月3日(金)]
     受付12時00分〜12時25分 講習12時30分〜17時00分
    ※台風等の自然災害により延期または中止することがあります。実施の可否を当日10時までに東京国道事務所ホームページのトピックス欄に掲載しますのでご確認下さい。
     (URL http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/)
    ■場所
     国営東京臨海広域防災公園
     (所在地:東京都江東区有明3丁目8番35号)
    ■訓練参加予定者
     関東地方整備局(11事務所※1)職員
     東京都内の関係地方公共団体職員、災害協定会社※2社員
     (総勢約180名を予定)
    ■訓練対象機器
     (1)対策本部車(拡幅型),(2)待機支援車,(3)排水ポンプ車
     (4)照明車,(5)Ku−SAT(衛星小型画像伝送装置)
     (6)放置車両移動(道路啓開),(7)防災学習
    ■取材について
     本講習会の取材は可能です。事前に下記問い合わせ先までご連絡の上、当日は会場受付までお越し下さい。

    ※1荒川下流河川事務所,東京国道事務所,相武国道事務所,東京外かく環状国道事務所,国営昭和記念公園事務所,東京第一営繕事務所,東京第二営繕事務所,甲武営繕事務所,東京空港整備事務所,東京港湾事務所,特定離島港湾事務所
    ※2各事務所と「災害応急対策業務に関する協定」を締結している民間会社

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369