ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 3月 > ETC2.0高速バスロケシステム実証実験を開始します −バスタ新宿で高速バスの運行情報をリアルタイムに提供−

記者発表資料

平成30年 03月27日

  • ETC2.0高速バスロケシステム実証実験を開始します −バスタ新宿で高速バスの運行情報をリアルタイムに提供−

    東京国道事務所

     ETC2.0を共通プラットフォームとする、新たな高速バスロケーションシステムの実証実験を「バスタ新宿」で3月28日(水)より開始し、利用者への情報提供等の充実に取り組んでまいります。

     現在、高速バスは、バスロケーションシステムの導入がほとんど進んでいないため、利用者から情報提供に関する不満やバス事業者の非効率な運行管理が生じている状況にあります。
     このため、車両の位置や速度等のデータの捕捉が可能なETC2.0の機能を活用し、利用者等にリアルタイムで情報提供を行う、各バス事業者共通のプラットフォームである「ETC2.0高速バスロケーションシステム」を開発しました。
     ※地域道路経済戦略研究会関東地方研究会と連携

     まずは、「バスタ新宿」において、12社の協力の下、5路線で、以下の通り実証実験を開始します。
     引き続き、実証実験に参加する会社・路線を拡充し、バスタ新宿の更なる利便性の向上に努めるとともに、他のターミナル等への展開等についても検討してまいります。

    ■実証実験開始日
     平成30年3月28日(水)より
    ■情報提供方法
     待合スペース(3F,4F)に設置する大型ディスプレイとスマートフォン用(Android)アプリで高速バスの車両位置やダイヤからの遅延時間、到着バース等を提供

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369