ホーム > 記者発表資料 > 平成30年 > 1月 > バスタ新宿 明治通り及び国道20号の交通問題の改善に向けた社会実験の実施について

記者発表資料

平成30年 01月26日

  • バスタ新宿 明治通り及び国道20号の交通問題の改善に向けた社会実験の実施について

    東京国道事務所

     バスタ新宿前の国道20号については、バスタ新宿開業後の交通円滑化を図るため、順次、高速バスの経路変更等の速効対策に取り組んでいるところです。
     国道20号に接続する明治通りでは、大規模商業施設の駐車場へ入庫する車両により、交通混雑が発生し、国道20号にもその影響が及んでいます。
     このため、速効対策の一環として、東京都、新宿区、大規模商業施設等と連携し、大規模商業施設へ入庫する車両を明治通りから御苑大通りへ迂回誘導する社会実験を行うこととしましたのでお知らせします。
     期間中ご利用の方は、本実験へのご協力をよろしくお願いします。

    【社会実験の概要】
    1.実施期間
     平成30年2月15日(木)〜平成30年2月18日(日)
    2.実施時間
     各日とも10時30分〜20時00分【大規模商業施設営業時間内】
    3.実施箇所
     本文資料(PDF)別紙のとおり

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369